第24回OZAK会学術集会 ご報告

 10月2日、幕張国際研修センターにて第24回OZAK会学術集会が開催されました。当施設の関連施設を中心に、医師、看護師、薬剤師等、さまざまな職種のスタッフが集まり、主に日頃の臨床をテーマにした研究を発表する会です。今年は当病院の秋葉 隆院長が実行委員長をされ、「期待される医療と提供したい医療」というテーマのもと、74題の一般演題、2題の特別演題、4題のランチョンセミナーが開催されました。「語り合いが生む「信頼」の医療・介護」など、とても大切な講演を聴くことが出来ました。また、他職種の発表を聞くことにより、医療連携がより深くなり、今後のより良い医療の提供に役立ったのではないかと思います。今年も800人近くの参加者があり、盛況のうちに閉会となりました。