形成外科

形成外科とは?

関川病院では2016年4月より「形成外科」を開設いたしました。

「形成外科」と聞いても聞き慣れないしどんな病気を治すのかよくわからない方も多いと思います。

 

「形成外科」とは、特に体表面の形の異常、欠損、あるいは見た目の不満足をより正常により美しくすることによって、患者さんの生活の質 ''Quality of Life'' を向上する外科系の専門領域です。

 

具体的には、おできやしこり、やけどやケガ、床ずれや陥入爪にいたるまで体表のあらゆる疾患を専門的に治療(=きれいに治す)しています。

【具体的な対象疾患】

皮膚良性・悪性腫瘍(粉瘤・脂肪腫など)

眼瞼下垂

外傷・きずあと(瘢痕・ケロイド)

熱傷

潰瘍・褥瘡

顔面骨骨折

先天異常

フットケア

手足の変形 爪の異常(陥入爪・巻き爪など)

シミ・アザ

 

●外来日は?

毎週火曜日 (午前・午後)

 

●担当医師からのメッセージ

患者さんの満足度を第一に考え痛みが少なく、きれいな手術を日々追及しております。

まずは外来でのご相談だけでも結構です。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

小野真平

形成外科専門医