人工透析内科 (腎センター)

 当センターは、葛原敬八郎( 久留米大学医学部卒、前 虎の門病院腎センター外科部長 )が

当院に着任した平成17年7月1日に、慢性透析症例のバスキュラーアクセストラブル( Vascular

Access Trouble  以下 VAT )の治療を行う目的で創設されました。

当センターの VAT 治療は、原則として Interventional Therapy すなわち経皮的血管内治療法

PTA を主として施行していますが、PTA 不適応症例については外科的対応を行っています。 

VAT 治療は、早期対応が好ましいため、可能な限り緊急な対応が出来るようにしています。

( ※ 第2 木・金・土のみ )

上記治療は予約制となっておりますので、事前に電話にてお申し込み下さい。

当センターは、近隣透析施設、透析患者の VAT 治療依頼・要望を積極的に受け入れられる地域

バスキュラーアクセス治療センターを目標としております。

バスキュラーアクセストラブル治療の展望

バスキュラーアクセストラブル治療(VAT治療)の80%以上は PTA 治療が可能です。

しかし、血栓処理上の問題により PTA 後の VAT 再発問題があります。

巨大血栓閉塞例(殊に上腕内シャント例)、血管内針穿刺困難例、早期凝血例では PTA 適応は困難で

す。シャント閉塞例であっても早期であれば十分 PTA 対応が可能であると言えます。


バスキュラーアクセスの実績

PTA件数          (平成24年7月1日~平成25年6月30日まで)  506件

アクセス手術合計件数     (平成24年7月1日~平成25年6月30日まで)   134件 

  前腕内シャント新設術

 19件

  前腕内シャント再建術

17件

    肘上腕内シャント造設術

        ( 上腕撓側皮静脈mainアクセス )

18件

  上腕尺側皮静脈表在化内シャント造設

15件

    グラフト内シャント造設

34件

   シャント結紮、感染グラフト摘出、創デブリドメント

13件

   前腕皮下静脈-上腕皮下静脈吻合( V-V吻合 )

0件

   シャント瘤切除、シャント縫縮術、緊急止血

6件

   PTA + 外科的血栓摘出、留置カテーテルの挿入・摘出

5件

  上腕動脈表在化術

7件